般若心経 トップ  宗教関係 

『般若心経』の作者は、釈迦の死から五百年以上たって現れた「大乗仏教」という新しい宗教運動を信奉する人たちの中にいます。

般若心経 現在語訳    般若心経「超訳」

 

「日本で一番人気のお経」の新しい見方 佐々木閑

NHK100分de名著 分かりやすい動画あり 般若心経はどうやって出来たか?

NHK 100分de名著  般若心経 「最強の262文字」 1/4 2/4 3/4 4/4

『般若心経』は、由緒正しいれっきとした経典です。作者はわかりませんが、インド語で作られた正真正銘の仏教聖典です。しかもそれを漢文に翻訳したのはみなさんもよくご存じの玄奘三蔵、そう、『西遊記』で有名なあの三蔵法師です。他にもいろいろな訳本があるのですが、日本でもっとも普通に読まれているのは玄奘訳です。素晴らしい名訳です。

 

特に般若心経を重視しているのが真言宗や天台宗、禅宗です。

哲学者中村元の言葉、仏教とは心の病院である(苦しみの解消)は仏教が一番。

仏教の本質は異質的なものに対する理解と寛容という事が絶対に必要だ。

まずは自分に頼り、人間としての理法に頼れ。

波羅蜜多とは大乗仏教が登場する以前は修業の完成。

大乗仏教の「波羅蜜」とは人智を超えた境地、彼岸に到達することである。

般若心経・【十回復唱】癒し 瞑想 暗記 作業などに

「般若心経」聞き流し練習用

 

 般若心経の最後に 羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶とある。

ぎゃてい ぎゃてい  はら ぎゃてい  はらそう ぎゃてい  ぼうじ そわか

 「渡ろう、渡ろう、彼岸に渡ろう。全てを越えて彼岸に渡ろう。そこにある無上の目覚めに幸あれ。」
また、瀬戸内寂聴さんのは、「往け、往け、彼の岸へ。いざ、ともに渡らん、幸いなるかな」
ひろさちや氏のは、「わかった、わかった、ほとけの心。すっかりわかった、ほとけの心。ほとけさまありがとう。」

この文句を唱えさえすれば理屈が理解できなくても、一切の苦しみから救われる。

「般若波羅蜜多心経」は「智慧で彼岸に渡る」方法

 

般若動画 講師 岩根 和郎 氏  (空不動) 文化家・自然行動家

暗号は解読された般若心経 解説セミナー/2014年2月2日/難度1

 

トップ  宗教関係