宗教関係       トップ  正論?

  ブッダの真理の言葉。 物事は心にもとずき 心を主とし 心によって作り出される

日本テーラワーダ仏教協会

    お進めの名言p2 ブッダの教えp3 瞑想の方法  簡単な瞑想  

中村元の著書  佐々木閑の著書  般若心経 心をととのえよう 

名言名句  老子の言葉

NHKスペシャル ブッダ大いなる旅路23 本の動画
空海がつくったいろは歌の諸行無常。

祇園精舎の正式名は(祇園樹給孤独園精舎)

江戸時代にカンボジアのアンコールワットが祇園精舎だと間違っていた。

アンコールワット 森本右近太夫の落書き 

宮崎 哲弥&呉 智英 - 「つぎはぎ仏教入門」塾

『知的唯仏論』刊行記念 宮崎哲弥 × 呉智英

佐々木閑  仏教とは心の病院。である

第8回 BDKシンポジウム「仏教における科学と信仰 我々はなにをよりどころとして生きるべきか」講師: 佐々木閑 氏

佐々木しずか  100分de名薯ブッダ心理の言葉 

 Part1生きることは苦である  

 Part2うらみから離れる 

 Part3執着を捨てる 

 Part4世界は空なり

武内陶子 伊集院光 岸見一郎(哲学者) 毎週水曜日 100ぷんで名著

100分de名著 アドラー 人生を変える「逆転の発想」 Part1

100分de名著 アドラー 自分を苦しめているものの正体 Part2

100分de名著 アドラー 対人関係を転換する Part3

100分de名著 アドラー 「自分」と「他者」を勇気づける Part4

知ってるつもり イエス・キリスト
ユーチューブ弘法大師空海  空海の『理趣経』

 理解し易い釈迦の生涯。日顕の暴挙に打ち勝つ創価学会  

 

仏教学者 ひろさちや【終活なんておやめなさい】によりますと

位牌     :儒教より

年忌法要 :儒教と神道より(日本だけ)

戒名     :坊さんの弟子になること

檀家制度 :江戸幕府の苦肉の策(キリスト教対策)

お盆     :神道より

 と、あっちこっちより都合のいいところを持って来たのです。本来の仏教には、すべてありません。

トップページ > 空海論遊 >   「終活なんておやめなさい」の愚(1) コピー

 高橋憲吾のページ >   終活なんておやめなさい」の愚(2)

光識寺密教の意味  仏典を用いずに呪術や秘儀によって悟りを得ようとする秘密の仏教密教はヒンズー教との融合で               新しくできた仏教。

密教は、男女の愛や性を認める宗教だった

インド思想史略説

怒りと憎しみをおさえる方法

第1章 ブッダ以前のインドの思想

梵我一如の思想

梵、すなわち「ブラフマン」と我、すなわち「アートマン」が同一であることを知ることにより、永遠の至福に到達しようとする。これが梵我一如の思想である。

心経奉賛文〈しんぎょうほうさんもん)

意外と知られていない 神道と仏教の違い

日本の仏教

日本では結婚している僧侶や、酒を飲む僧侶も珍しくはありません。

これは、天台宗の開祖である最澄(さいちょう)が必ずしも全ての戒律を守る必要はないとしたことと、浄土真宗の開祖である親鸞自身が婚姻して子供をもうけた事が契機となって戒律が有名無実化していったのです。

仏教は「宗教」というよりも“人生哲学・道徳哲学”である

お釈迦様の事を「宗教家」ではなく「哲学者」だと考える

日本古来の多神教と中国の道教、儒教などが融合して独自の仏教が形成

      光識寺      密教の意味    『歎異抄(たんにしょう)』

歎異抄解説-本当は怖い秘本『歎異抄』の秘密・ついに公開中村僚

仏典によって教えを伝えようとする仏教を「顕教」ということがあります。それに対して、仏典を用いずに呪術や秘儀によって悟りを得ようとする秘密の仏教があります。ブッダが生まれる600年前、インドのバラモン教の経典に「呪文(真言)を唱えて災いを回避し、幸運を呼び込む」ことが書かれています。

南方仏教と大乗仏教に分かれた後、インドではブッダ以前にも悟りを開いたお方(=仏陀)がいるはずだという考えに基づき、ブッダ以外の仏陀の存在も認めるようになり、従来のヒンズー教の教理と融合させることで、新しい仏教を作り上げました。それが「密教」です。

13世紀には日蓮(1222〜1282)が日蓮宗を開きました。日蓮は法華経以外をすべて邪教であるとして、他の宗派を激しく攻撃しました。

日蓮は「南妙法蓮華経」という題目だけを唱えれば、浄土教のように来世を待たずに、現世でも救われると説きました。また、「立正安国論」を書いて、当時流行していた災害や疫病は浄土宗など邪教を信じているからだと主張し、法華経を信仰しなければ災害や戦乱は止まずに、いずれは外国からの侵略を受けると警告しました。元寇で日蓮の警告が現実のものとなりましたが、他の宗派を邪教呼ばわりし過ぎたため、逆に鎌倉幕府や世間から迫害を受け続けました。

玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)602年 - 664年3月7日

玄奘三蔵は629年に陸路でインドに向かい巡礼や仏教研究を行って645年に経典や仏像を持って帰還。

427年に建てられた世界最古の大学インド ナーランダ大学で学び玄奘三蔵は中国出国から16年を経た645年に、657部の経典を長安に持ち帰った。

玄奘は中国出国から16年を経た貞観19年1月(645年)に、657部の経典を長安に持ち帰った。帰国した玄奘は、持ち帰った膨大な経典の翻訳に余生の全てを捧げた。

太宗の勅命により、玄奘は貞観19年(645年)2月6日から弘福寺の翻経院で翻訳事業を開始した。(664年3月7日)、玄奘は経典群の中で最も重要とされる『大般若経』の翻訳を完成させた百日後に玉華宮で寂した。

『般若心経』も玄奘が翻訳したものとされているが、この中で使われている観自在菩薩は、クマーラジーバによる旧訳では『観音経』の趣意を意訳した観世音菩薩となっている。訳文の簡潔さ、流麗さでは旧訳が勝るといわれているが、サンスクリット語Avalokiteśvara(アヴァローキテーシュヴァラ)」は「自由に見ることができる」という意味なので、観自在菩薩の方が訳語として正確であり、また玄奘自身も旧訳を批判している。

1193年に、アイバク靡下の将軍 ムハンマド・バフティヤール・ハルジー 率いるトルコイスラム人の侵略によって大学は破壊された。インド仏教の衰退はグプタ朝時代から始まっており、イスラーム侵入以前にはほぼ衰退していた。イスラーム勢力によるナーランダー大学の破壊はインド仏教の滅亡を決定づけた。

新ナーランダ大学の建設は「ナーランダ大学復興構想[5]」と呼ばれるインドの国家プロジェクト。 新ナーランダ大学は2014年9月1日800年の時を経て授業を再開した。

40ヶ国の1000人の申請者の中から15人を募集して新学期を開始した。

世界宗教の常識。  一神教と多神教

NHKスペシャル ブッダ大いなる旅路23 本の動画

お釈迦様(釈尊)はシャカ族のカピラ王国の王

子として生まれた。
出家前の名前(本名) ゴータマ シッダッダ

悟りを開きゴータマブッダと呼ばれるようになった。
ゴー(牛)タマ(もっともすぐれた)ブッダ(目覚めた人)

ガウタマ=シッダールタ/ブッダ/釈迦

仏教の本質 哲学者「中村元」  

中村 元(なかむら はじめ、1912年大正元年)11月28日 - 1999年平成11年)10月10日)は、インド哲学者仏教学者東京大学名誉教授日本学士院会員。勲一等瑞宝章文化勲章紫綬褒章受章。在家出身。

主たる専門領域であるインド哲学仏教思想にとどまらず、西洋哲学にも幅広い知識をもち思想における東洋西洋の超克(あるいは融合)を目指していた。外国語訳された著書も多数ある。

 

ユーチューブ中村元 ブッダの言葉2時間半 ブッダの生涯2時間半  

 

ユーチューブ 中村元 ブッダの人と思想

世界最古の大学インド ナーランダ大学西暦427年創設、
1193年トルコ、イスラム侵略、破壊され消滅。

 

中村僚

仏教と他の宗教の違い(キリスト教徒が激怒するかも?)中村僚

仏教に学ぶ生きる意味

白坂慎太郎 仏教 バラモン教

長尾弘

岩根 和郎 

苫米地英人

「般若心経は根本的に間違っている」苫米地英人が語る般若心経のウソ!

豊かさと苦悩

(インドの時代 豊かさと苦悩の幕開け- 洞松寺住職ブログ)

人生は四苦八苦 「四苦」は「生老病死」。「八苦」は。「愛別離苦」「怨憎会苦」

苦の原因は欲望である、その欲望を滅ぼせ。
欲望をオロボスには知恵を磨き、そして瞑想し、戒律を守ればよい。

四諦八正道(したいはっしょうどう)

仏教の目的はたったひとつ「苦」の消滅、「苦」の根源が煩悩。

ブッダの言葉 「苦しみを消すには、自分自身を変えるしかない」

★ 釈迦の教え 人生は四苦八苦「迷い」や「執着心」を断って、「考えすぎない」のが一番。

諸行無常を知って生きよ
ブッダの言葉、諸行無常(しょぎょうむじょう

煩悩(ぼんのう)にとらわれ、仏法の根本が理解できない状態が無明

無明が人間の苦の根源である。だからこの無明を取り払って、
真の智慧を取得すれば、全ては解決する。

とかく人間というものは、どんな単純なものでも、複雑に考えてしまう傾向がある。

その方が御利益があると考えてしまうのだろう。ブッダによる無明の発見は、いわば、ダイヤモンドの巨大な原石のようなものである。これはすごい原石だと考えた者たちによって、そのダイヤは研かれ、カットされ、金の台に乗せられ、絹と漆で作られたケースに収められ、高級デパートのショウウインドーに飾られることになってしまった。それが今日の仏教の偽らざる姿である。

しかし元はたった一個のダイヤモンド(ブッダの無明の発見)こそがすべてではないか。

だから仏教の教典などちっとも尊くはない。ましてやブッダが尊いのでもない。巨大な寺院が尊いのでもない。金ぴかの仏像が尊いのでもない。尊いのは、無明を発見した瞬間のブッダの感覚だけである。その後に作られた仏教寺院から教典、仏像などの全ては、そのバリエーション(変化物)に過ぎないのだ。だから百万のお経を読破することよりも、たったひとつ、ブッダと同じように自分の中に巣くっている無明のことを真剣に考える方が大切なのである

よくお経を暗記したり、写経で功徳が得られると信じている人がいるが、はっきり言ってたいした意味のないことだ。肝心なことは、ブッダの無明というものを発見した時の感動を共有することである。つまり「なんだ、人の一生とは、こんな簡単なことによって支配されているのか」ということを真剣に考え、自分に当てはめ、何ものによっても動揺しない心安らかなる状態を構築することである。

 

養老山立國寺は、源頼朝公が再起をかけ祈願した「出世観音」

知られざる日本のミイラ信仰 

寿玄夢  

ブッダ真理のことば(=ダンマパダ)解説 花園大学教授 佐々木閑

大乗仏教と小乗仏教の違い。 

彼岸へ渡るには大乗仏教では在家の人達も般若心経を唱えれば良いが、
小乗仏教(上座部仏教)では出家しなくてはならない、

宗教崩壊

映像アーカイブ 「 知ってるつもり 釈迦=ブッダ (2002.3.17) 」 1:24:07 2016.8.8作成

日蓮宗と日蓮正宗の違い。

般若心経・【十回復唱】癒し 瞑想 暗記 作業などに

「般若心経」聞き流し練習用

2015/07/12 に公開

般若心経は数ある経典の中でも、もっとも親しまれているお経の一つです。真言宗、天台宗、禅宗などでよく詠まれます。
内容の意味をものすごく簡単にいうと
「この世に存在するもの、一切が空(くう)である。何もないのにあるように思っているだけです。それをしっかり自覚していれば、悩みもなくどんな苦しみからも解放されます(悟りをひらけます)。なぜなら最初から何もないのだから。」といった感じです。

 

光明真言  お経ジャズ。   
光明真言 【聞いているだけで運気が上昇するBGM】 全ての災難を取り除く最強の真言 大日如来

ゆっくりの光明真言お経はこちら。    

おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まにはんどま じんばら はらばりたや うん

光明真言とは?

仏教の中の密教を「仏教のタントリズム」と捉える

オン アボキャ ベイロシャノウ

マカボダラ マニ ハンドマ

ジンバラ ハラバリタヤ ウン

愛染明王真言 2

不動明王真言2

聞いているだけで運気が上昇するBGM】  自分の弱さをこらしめる、出世、正しい道へと導く、除霊、心を強くする、魔を降伏させる真言

 

三法印   トップ

【諸行無常】 しょぎょうむじょう

仏教の命題。「諸法無我(むが)」「涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)」とともに仏教教理の基本的特徴を示す三法印の一つ。

【諸法無我】 しょほうむが

あらゆる事物には,永遠・不変な本性である我(が)がないということ。三法印の一つ。

【涅槃寂静】 ねはんじゃくじょう

悟りが絶対の静けさであること。 仏教の基本的教義である三法印の一。

お釈迦様が、初めて悟りを開かれた『初転法輪(しょてんほうりん)』で、私たちの生活する娑婆世界は、

  1. 諸行無常(しょぎょうむじょう):この世の中で常であるものはなにもなく絶えず変化している
  2. 一切皆苦(いっさいかいく):一切は皆苦であると知ること
  3. 諸法無我(しょほうむが):本来、我(われ)となる主体はない

三法印(さんぽういん)をお説きになりました。また、この三法印に、4.『涅槃寂静(ねはんじゃくじょう):一切のとらわれやこだわりを離れた姿』を加えて四法印(しほういん)と呼び、これら三法印四法印仏教の根幹をなすものとされています。

佐々木閑のブッダ 真理からの言葉

この世の真理は四諦。四諦とは(1)苦諦 くたい (2)集諦 じったい (3)滅諦 めったい (4)道諦 どうたい

(1)苦諦  この世はひたすら苦であるという「一切皆苦」の真理。
(2)集諦  苦しみを生み出す原因が心の中の煩悩である。
(3)滅諦  煩悩を消滅させることで苦が消える
(4)道諦  煩悩を消滅させる八つの道(八正道)はっしょうどう

八正道

(1)正見(しょうけん)      正しいものの見方
(2)正思惟(しょうしゆい)   正見にもとづいた正しい考えをもつ
(3)正語(しょうご)       正見にもとづいた正しい言葉を語る
(4)正業(しょうごう)      正見にもとづいた正しい行いをする
(5)正命(しょうみょう)     正見にもとづいた正しい生活を送る
(6)正精進(しょうしょうじん) 正見にもとづいた正しい努力をする
(7)正念(しょうねん)     正見にもとづいた正しい自覚をする
(8)正定(しょうじょう)     正見にもとづいた正しい瞑想をする

生苦(生きる苦しみ)

老苦・・老いの苦しみ

病苦 病の苦しみ 健康は無形の財産

死苦 ・・死んでいく苦しみ

菩薩」とは、真実の幸福を求める人

本当の幸せに向かって進む人は、みな「菩薩

2016年9月1日木曜日 一切皆苦から逃れる方法。
此岸にいながら彼岸に渡る六つの方法(実践編)
 
禅定波羅蜜(ぜんじょうはらみつ)とは

波羅蜜とは『完全であること』『最高であること』。到彼岸(とうひがん)

禅定といっても、いわゆる座禅をすることではありません。もちろん座禅をしても良いのですが、ここでいうのは禅的な生き方の事です。つまり、仕事をする時は仕事に、ごはんを食べる時はひたすらごはんを食べる。掃除をする時は掃除に、遊ぶ時は遊びに専念する事です。

日常のすべての立ち居振る舞いを、座禅と同じように、集中して、そのものになりきってせよ、
という事です。
 
「○○しながら○○をする」をやめる事です。

魔訶―超越的存在

般若波羅蜜多ー知恵の完成

(諸行無常)と(諸法無我)

『因果関係によって作り出されたすべてのものは無常である』(諸行無常)と智慧によって見る時、人は苦しみを厭い離れる。これが、人が清らかになるための道である。

煩悩の中で一トップの無明とは(知恵がない)

無明に脾摘するのが執着である。

執着することでどんどん脹らんでいく苦悩の連鎖。

因果関係によって作り出されたすべてのものは(諸業無常)うつり変わるので、苦悩から離れるためには執着を捨てなければならない。

 
執着とは自分中心の世界観から発生。自分中心の考え方の立つ限り欲望は消えない。
 
「すべての存在に自我なるものは無い」(諸法無我)と智慧によって見る時、人は苦しみを厭い離れる。これが、人が清らかになるための道である。

トップ リンク ブッダの言葉 お進めの名言