三本松簡保第二旅行会  2003年6月28日ー30日   トップ 目次

28日 07:30出発ー妻籠宿ー昼神温 泉湯元ホテル 阿智川

あいにく一日中雨だった。江戸時代の町並みを、保存している妻籠宿を、1時間程散策、木地師の里へ、ここでは、底が簡単に洗える箸入れ2000円から、300万円の、水屋まで、木製品が、職人の人たちによって、作られていた。

 

 

 

 

雨でもあり、予定より早く4時過ぎに、ホテル阿智川に、入り宿でのんびり、夕食は6時からだった。ここの温泉は24時間入れ、肌が綺麗になるそうです。露天風呂もありリラックスできます。

29日 08:00昼神温泉ー大王わさび農園ー上高地(河童橋)ー高山  高山グリーンホテル
天気予報が外れて良い天気になった

大王わさび農園では、安曇野の、豊かな自然の湧き水が、綺麗なのと澄んだ空気。驚いたのはソフトクリームに生わさびをのせてくれた。

茶室で、美味しい水で、たてた抹茶の味も、おつなもの。ここでの、散策も、心の洗濯。

 

 

 

安曇野ワイナリーにて、昼食 焼肉と、地ビールだった。札幌では、食べ放題、飲み放題なので、ここは、お代わり出来るのか?聞いただけなのに、地ビールを、ピッチャーいっぱい持ってきた。今でも疑問2回目のビールは、お金がいるのかな?

14時頃上高地に到着 河童橋、大正池、梓川を、散策、素晴らしい自然と綺麗な水、空気、景色。

どれも、最高、汚れた心が、クリーンになる。ここには、ロッジが、沢山あり、登山スタイルの人達も、たくさん歩いていた。

人生に疲れたとき、心が病むとき、ここに来ると、クリーンに、なれそうだ。

こんどは個人旅行でのんびり来たい所だ。

橋より、望む山には、6月末と、いうのに、雪も有り絶景だ。この景色を、見て、頭も体もクリーン最高だった。 夕方5時頃高山グリーンホテル到着。

6時30分より、夕食。今回は比較的ゆったり、温泉を楽しみ、食事も美味しかった。

ホテルよりの、景色も絶景だった。このホテルは、お湯は12時までで、お湯はそこそこだった

30日 08:00高山朝市散策ー白川郷(合掌村)
予定を、30分繰り上げ、8時出発、高山朝市散策。

バスは高山別院に駐車して、朝市へ、どこに言っても漬物、野菜類が、多い。

古い町並みには、人力車が、いっぱいだ。それも、車夫は、若い人ばかり、ちなみに、料金は、1時間1人5000円?と、少し高い。これが、2人の、料金なら、ぜひのってみたいものだ。バスは、御母衣ダムを、見ながら白川郷へ、

一度は、行って見たかった白川郷、屋根に特徴有りこの屋根も、60年に1度葺き替えるとか。今では屋根の材料のかやがないとか?何回にも、分けて葺き替えるそうです。

ちゅうべいと、いうところで昼食、昔ながらの、どぶろく有り。1カップ350円なり。どぶろく神社有り。ここでは入館料が300円でどぶろくを振舞ってくれるとか。ちなみに、お土産のどぶろくは、15%のアルコール分だそうです。

帰りは道路も空いていて、途中淡路のサービスエリアで休憩、弁当を積み込み、予定より早く8時前に家にたどり着いた。

今回の旅は3日間の短い旅でしたが、バスはゆったり、食事良し、適度に散策有り、早めにホテルに入り、温泉も楽しみ、満足した旅でした。

トップ 目次